読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安茂里の牛乳屋さん

トゥイッターはこちら https://twitter.com/Az_shijimi

俺も約束を果たすときがきた

某所のフォロワーが、

 と言っていたので、「授乳→セックスのコンボを決めさせてくれる女の子くれ」

って返したらブログに想いを綴ろうなって言われたから綴るわ。

綴るって書くと某ネタアニメを思い出して変な笑いが出る。

伝説の椰子の木の話はよせ。

 

ブログの中の人はご存知のとおり

2014年冬頃からとある女性にアプローチをしているわけだが、これが中々手ごわい。

上手く言えば暖簾に腕押しというやつだが(うまくない)、

好きという感情は意外と届かないものである。

お前のやり方がへたくそなんじゃとか言わないで、泣いちゃうから。

 

帰省のたびに約束を取り付けて食事するなどを1年続けて、

昨年15年の1月に告白をしてみたが、やんわりと断られてしまった。

その後も誘えばそれなりに付き合ってくれるが、7月くらいにもう一度アタックしてみるも

やはり駄目であった。

どうにも諦めきれず、1月に1度くらいはどうでもいいメールを送っては返信をくれていたが、

それ以来そもそも会えてない状態が続く。

 

こうやって俯瞰するように文字に起こすと、

如何に脈なしかってのを痛感させられるものである。泣きそう。

 

ここで愚痴を言うなら、この女史もどうにも中途半端である点である。

付き合わないなら1月以降の誘いに来てくれるなと半ば逆ギレ状態にもなる。

変な言い方だが、ちゃんと俺を振ってくれって気分だ。

最近は如何に会う約束を取り付けて、俺をちゃんと振ってくれ!って詰め掛けようとも

思い始めているので、大変よろしくない。誰か俺を殺してくれ。

 

胸の中で甘えさせてくれる女性はどこかにいないものか。

いないっていうなら来世に賭けよう。

 

釧路でSL撮った話はまた今度。