読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安茂里の牛乳屋さん

トゥイッターはこちら https://twitter.com/Az_shijimi

エースコンバットの思い出

フォロワー同士がエースコンバットの話をしていたので、

乗っかる形でこれの思い出を語ってみようと思う。

 

初めてエスコンシリーズに触ったのは確か中学生の頃で、2だったと思う。

今でも付き合いのある某所の親友宅で適当にプレステのソフトを漁っていて、

たまたま目に付いてプレイしたのが最初だっただろう。

プレイ当時はミサイルロックオンのやり方が分からなくて、

射程圏外からひたすらロケット砲みたいに撃ってた記憶がある。

その後、自分でも2を購入して何度も周回プレイしたよね。

 

次にプレイしたのは、シリーズ初のPS2版である04だった。

CMで見て、当時のグラフィックの進化っぷりに感動したのは今でも覚えてる。

www.youtube.com

F22が長距離ミサイルを放つ瞬間がかっこいい。

 

後に攻略本を買って知ったが、

04は世界観がすごくはっきり描写されていることにも衝撃を受けた。

舞台設定、戦争までの経緯、そして少年とあるパイロットのサイドストーリーなどが

すごく丁寧に描かれていて、はまった方も多いはず。

www.youtube.com

EDも大好き。

 

 

 

すっかりエスコンにはまってしまった私は、当然次のシリーズである5も購入した。

5は04以上のグラフィックの進化もさることながら、

前作以上に作りこまれたストーリーが印象深かった。

単なる戦争の英雄ではなく、戦争を裏で操ろうとする黒幕へ抵抗していく様に

心打たれた人は絶対に多いはずだ。

まさに副題である、"THE UNSUNG WAR"である。

www.youtube.com

 「ラーズグリーズは再び現れる 英雄となって現れる」

ストーリーはシリーズ通して一番だと今でも思っている。

 

 

 

つづいて、Zeroも買った。

Zeroは5の15年前のベルカ戦争の真実を描いたものである。

戦争の中でお互いに殺し合い死線をくぐったパイロットたちにスポットをあて、

それぞれの過去と今を描くという斬新な作りをしている。

www.youtube.com

「交戦規定は唯一つ 生き残れ」

 

 

 

そして最後に語るのは、XBox360で発売された6である。

ハードが進化すると当然グラフィックも進化するわけだが、

箱○のグラは本当に「キレイ」だった。

www.youtube.com

箱はエスコンのために買ったといっても過言ではないくらいで、

他には地球防衛軍3とHALOくらいしか買わなかった覚えがある。

「天使とダンスしてな!!!」

 

 

私のエスコン語りはここで終わる。

一応Xもプレイしてはいたが、どうもアレはやりこみ要素にばかり注力されてて

単純に面白くなかったのだ。

 

作品によっては現実世界を舞台にしたものもあったが、

やはりエスコンはユージア、南北オーシア、アネア、ベルーサを舞台にしたものが良かった。

シリーズは違えど世界観が共通してるっていうのがある種のリアルさを生んでいたし、

ファンの中でも二次創作のような独自妄想が生まれていただろうと思う。

 

 さて、みんなが大好きなセリフは何かな?